引越し先の準備

引越しをする時、準備をしなければならないのは今の住居だけではありません。引越し先となる住居についても準備をしておく必要があります。それでは、引越し先住居ではどのようなことをしておく必要があるのでしょうか。新居や賃貸を利用する場合、まず確認しておかなければならないのが寸法です。

例えばドアの寸法を測っておくことは引越しにおいて非常に重要です。家具を運搬する場合、ドアのサイズによってはそこから入れる事ができず、搬入できない荷物ができてしまう可能性があります。そうでなくとも、大きなダンボールを使っていると搬入が難しくなってしまうようなこともあるため、必ず事前にドアや窓など、搬入口となる場所の寸法は測っておくようにしましょう。また、ドアや窓が取り外しできるかどうかも確認しておくと、運び込める荷物の最大限のサイズを知ることができます。

また、エアコンや家電などについては、どこに設置するのかについても考えておかなければなりません。家電であれば延長コードを利用することで遠くでも利用することができますが、エアコンについては排気口の場所によって利用できる場所に違いがあります。持っていく荷物をどこにおくのか、事前に考えておくようにしましょう。