荷造りのポイント

引越しをする際、準備として特に大変なことの1つであるのが「荷造り」です。特に荷物が多い人の場合、早い段階から荷造りを初めておかなければ、間に合わないということも十分にありえます。それでは、荷造りをスムーズに行うためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

何より、早めに始めるのが重要では有りますが、その際には注意すべき点もあります。それは、「引越し当日までに使うものかどうか」ということです。引越し当日までまだ使うものを早い段階で梱包してしまえば、当然必要になったときに探し出さなければならないという手間が掛かります。そのため、梱包は使わないものから始めるようにして、よく使うものについては当日に梱包をするようにしましょう。

また、仕事などが忙しく、なかなか自分で梱包をするのが難しいという場合、引越し業者に梱包ごと依頼するという方法もあります。この場合、引越しに自分でしなければならないことはほとんどなくなるため、手間が掛かりません。ただし、スムーズな搬入ができるように、部屋の片付けなどについてはしっかりしておくようにしましょう。梱包サービスも、女性向けのサービスなどがあります。女性の場合、女性スタッフに梱包をお願いすることができます。


不要品はどうする?

それでは、引越しの際のポイントとして、最初に「不要品」について紹介をします。引越しのために荷物の整理をしていると、もう使わないものが出てくる場合が多くあります。引越しはこういった不要品を処理するのにも良いタイミングであるため、使うかどうか、必要かどうかを考えて処理するのか持っていくのかを選択するようにしましょう。

それでは、引越し準備の際に不要品が出てきた場合、これらはどのようにして処理するのが良いでしょうか?引越し業者によっては不要品の引取などを行ってくれる場合もあるため、利用できるサービスがあるかどうかを事前に確認しておくようにしましょう。そういったサービスがない場合には、予め自分で処理の方法について考えておく必要があります。

引越しシーズンになると、街角で不用品回収を謳う業者が回っていることがあります。こういった業者は有料の業者であるため、料金について予め確認した上で引取について確認を取るようにしなければなりません。また、自分で処理をする場合も、家電などは家電リサイクル法によって費用がかかる仕組みになっているため、そちらも予算として考えておかなければなりません。リサイクルショップなども利用できます。

リンク・・・埼玉の格安引越し業者≪ファミリー引越センター≫
不用品処分にも対応している引越し業者です。